日記

毎日無理矢理にでも何かひとこと書かないと何をしていたか忘れる。昨日はあまり体調が良くなく、しきりに「月曜なのに日曜のような気がする」とこぼしていたところ、夫が「(私が)体調が悪いと曜日感覚がなくなる」と言っていて、面白いなと思った。

さてもうそろそろ45歳になる(体感として毎年年度が変わる頃あたりから繰り上がっている気持ちになる)。45歳を単純に2倍すると90歳。さすがにそこまで生存するのは難しかろうし、血縁者にそこまで長寿な人もいないので、私の人生の折り返し地点はたぶん過ぎ去ったのだろうと推測される。40歳を迎える頃はミッドライフクライシスがどうのこうのと考えたものだけど、なんてったって45歳、ミッドもライフもクライシスもねえな、と静かに思う。やけくそとか適当とかじゃなく、厳然たる事実として、これからの時間の方がこれまでの時間より短い(たぶん)のだ。すごいな。

だからと言って殊勝に今こうつづったからとて何かやるとかするとかそういう気分でもなく、コロナ禍の影響を少なからず受けているのだろうと思うのだけど、やたらと学習意欲の波が激しい。今は凪いでいる。しかしあとちょっとしたら多動気味になるはず。もうちょっと落ち着いた人生にならんのかね、とは思う。

日記

かかりつけ医のところに電話して薬の処方箋を薬局にFAXしてもらってそれを取りに行く、というのを初めてやった。仕組みとして存在することは知っていたけど実施したのは初めてだった。コロナ禍の影響とはいえすごい。

久しぶりに外出を自粛せずにバイク用品店に行ってみるか、と思って電車で出かけた。雷雨の予報だったけど全くそんな気配を感じないまま、併設のスタバで3ヶ月ぶりくらいにラテを飲んだ。買い物はというとあまりぴんとくるものがなく、バイク雑誌だけ買って帰ってきた。相変わらず自分が読みたいバイク関連の読み物はなかなかないのであった。

昨日の日記

終業後にりんごの缶チューハイを飲んだ。在宅勤務になってからはたぶん初めてのお酒。アテには使いかけで半端だった生ハムだったんだけど、お酒と何かの食べ物を合わせるというのが感覚的によくわからなくて、生ハムは生ハムでおいしく食べる、お酒はお酒でおいしく飲む、になってしまう。私にはマリアージュがわからぬ。

飲み終わってしばらくして、同僚に手間をかけさせてしまった業務の直しをぽつぽつとやる。ひとりだけで夜集中できる時間が貴重だ。

小さい折りたたみデスクと折りたたみいすを買って、即席オンラインミーティング用スペースを作った。来週試してみることにする。

日記

5万年ぶりくらいに電車に乗ったような気がする。定期券の期間切れてなかったっけ、と思ったけど切れてなかった。

中吊り広告、めっちゃ久しぶりに見てるんだなぁ、とかしみじみ思ってしまった。きょろきょろしてちょっと不審者気味。乗っている人はとても少ない。

日記(3)

美的(BITEKI) 2020年 07月号 [雑誌]

美的(BITEKI) 2020年 07月号 [雑誌]

  • 発売日: 2020/05/22
  • メディア: 雑誌

太もものむくみ(あるいは、太ったことによるセルライト)が目立ってきたのでかっさ的なサムシングが欲しいな~と思いながら本屋さんに行ったところ、「巨大『ドラゴンかっさ』」が付録になっている「美的」7月号があったのでお買い上げ。あちこちぐりぐりできて面白いです。二の腕は軽くやってるつもりがめっちゃ痛い!とか(整体でたまにやる筋膜リリースみたいな感じ)。血行が悪くなっていると思うのでがんばります。

あとBikeJINも買った。キャンプツーリング特集で、キャンツーは(安全を鑑みて)しないつもりだけどバッグや収納の役に立つかなぁと思って。日帰りだったらコーヒーいれたりするのはありかもしれない。

日記(2)

調子が悪くて横になっていたり寝ていたりすると、どうもネガティブな思考が強まってしまってよくない。例えば「私がいなくても会社は回る(そりゃそうだ)」「何もできることがない」「精神的に向上心のない者はばかだ」みたいな極端なやつです。ラストのは夏目漱石「こころ」より。

いざ起き出して仕事に気持ちが向かうとそんなに極端にネガティブじゃなくていいじゃん、と割合さっくり気分転換ができるけど、なかなか人間そうもいかないのがつらいところ。ただでさえ外出自粛が2ヶ月続いて、たぶん今後もそろりそろりとしか動きようがない状況なので、もう少しコロナ禍が落ち着いたらどこか遠いところに旅行に行きたい。去年行った与那国島ほどじゃなくても、沖縄とか北海道とか四国のどこか、箱根とか。

今週のお題「遠くへ行きたい」